直売所 いいもりの里

いいもりの里に出荷されてる農家みなさんの日常

🌟いいもりの里(佐賀県伊万里市の田舎にある地域直売所)日記

おはこんばんちわ!(死語?w)初めましてこのブログの筆者であり管理者であります中嶌幸二といいます。

軽く自己紹介を致しますと、佐賀県伊万里市波多津町という美しい田舎で母と共に直売所を自営しております。ゆくゆくはこの直売所を「個人の店」ではなく、いいもりの里で働く職員、そして地域の生産者、仕入れ業者を相互に家族と想い合える「地域主体のみんなのお店」を夢と希望を持って関係者の皆様と共に頑張っております。

そんないいもりの里の生産者の野菜作りの様子や想い等をゆる~く、たまには熱く語っていこうと思っておりますので、いいもりの里の関係者、並びに読者の方々の温かい応援を宜しくお願い致します<(_ _)>

 

2019.08.15

おはようございます!

今日は、台風の暴風圏内で雨風が酷く、お盆の真っ最中ですが、今日もいつもと変わらずいいもりの里は元気に開店しております!出品してますカブトムシたちも子供達を待ってるかのように元気に動いて来店をお待ちしてます(●´ω`●)

f:id:chiikidotcom:20190815092508j:plain

いいもりの里で売っているカブトムシたち

 

2019.08.14

今日の朝からこの佐賀県は台風の暴風圏内にはいったようで風も強くなってきましたねえ。酷くならなきゃ良いんですけど、ちょっと心配です^_^;

そんな気持ちとはうらはら…、いいもりの里の敷地内に、自然に咲いてる可愛いお花にテントウムシがお昼寝?してました。風で揺らぎながらもひたむきに生きてる姿に元気を頂いきました!今日も1日希望に向かって元気出してガンバロー(●´ω`●)!

このブログに対して「何だか面白いな~」と思われた方は下記の読者ボタンをぜひぜひ軽率に押して下さいませ(っ´ω`c)

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/chiikidotcom/chiikidotcom.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

f:id:chiikidotcom:20190814100539j:plain

いいもりの里の敷地内に咲くお花に止まってるテントウムシ

 

2019.08.13

こんにちは!今日も朝から暑いですがお盆も休まず皆さんの喜ぶ顔を見るため頑張ります(∩´∀`∩)!

今日のお得情報は、地元生産者のキンショウメロン🍈!

お盆のお飾り用としても食べてもとても美味しいですよー!内容は約500gの重さで100円くらい!色もツヤも最強です!ぜひぜひ買いにいらしてくださいいい!

 

 

f:id:chiikidotcom:20190813105508j:plain

お盆の飾り用のキンショウメロン大量入荷!

 

 

2019.08.12

いいもりの里の生産者直送の新鮮アスパラ。200gも入ってでなんと常時100円(税込)!安すぎ‼️  お客さんもビックリ! 超オススメだよおお!!

https://www.facebook.com/2555804987803830/posts/2617585004959161/

f:id:chiikidotcom:20190812152639j:plain

生産者直入荷し新鮮アスパラ。常時200gで100円(税込)!!

 

2019.08.11

お盆に向けて飾り用の小さいスイカ、そして食用の中玉や大玉スイカ、黒いスイカまで地元で採れたてのスイカを大量に揃えております!値段も安いし購入されたお客様のお声も大好評ですよおお!

f:id:chiikidotcom:20190811111900j:plain

イカが大量に入ってきたああぁぁ!!

 

2019.8.11

キズあり幸水梨。5玉入りでナント300円(税込)!飾りや贈呈用じゃなく食べるだけなら超お徳だね🎵 

f:id:chiikidotcom:20190811111454j:plain

キズあり幸水梨、5玉入りで300円続々入荷!!

 

 

2019.08.10

お盆のお供え物として良いですよお!安いですよお(ゝω・)!

ハウスミカン:600円(左)

シャインマスカット:450gで600円(中央) 

巨峰:450gで500円(右)

f:id:chiikidotcom:20190810164244j:plain

ハウスミカン(左) シャインマスカット(中央) 巨峰(右)

 

 

 

 2019.08.09

今年は例年に比べて野菜が何だか劣化スピードが物凄い!カボチャがこんな腐れるところ初めて見たよΣ(・ω・ノ)ノ

f:id:chiikidotcom:20190810162421j:plain

出荷したばかりのカボチャなんですけど…。

 

🌟カブトムシ生産者 中嶌幸二の日記


おはこんばんちわ!このブログの管理者であります中嶌幸二といいます。

この日記では、私が生産しておりますカブトムシの飼育の様子や何気ない日常を無責任にゆる~く呟いていこうかと思いますので読者の皆様どうぞ温かい目で宜しくお願い致します<(_ _)>

 

 

2019.08.15

先月、苦しんでいる世界の子供達の為に、ユニセフへネットバンキングで寄付をしまして、その領収書が届きました。私は初詣でお参りするときのお賽銭すら10円すら投じない人間ですが、苦しんでいる人間に対しては大金を投じる事がたまにあります。まあそれは自己満足かもしれないし、偽善者とバカにされるかもしれません。更に家族やビジネス仲間に「そんな大事なお金を寄付するなんてあなたの金銭感覚が疑わしい!信用出来ない!」と言われる可能性だってあります。でも、それでも恵まれない子供達が少しでも幸せになれる力になれるのなら、私はそれで良いのです。

f:id:chiikidotcom:20190815090625j:plain

ユニセフへの寄付でお礼状と領収書

 

2019.08.14

露地栽培アイスクリームバナナ。数日前までまだ花だけだったのが、その裏に何やら形あるものを発見!あれはもしや…!夢にまで見たバナナの実!!

ついに、この九州北部地方である佐賀県の露地でもバナナの実を付けさせる事に成功!この段階でも大きな進歩で先ず大成功ですが、あわよくばこのまま食べられるバナナに育ってくれ!ワクワク(●´ω`●)!

f:id:chiikidotcom:20190814102541j:plain

ついに…、実が…!

 

2019.08.13

この地域(佐賀県伊万里市波多津町)では盆船流しという伝統がありまして、うちの祖母が去年97才にて大往生しましたので、今回その盆船流しに流す「盆船」を父が創作しました。この地域の人はみんなこの盆船は手作りされるようで、ホント凄いなーと思いますし、手作りだからこそ、あの世からふるさとにお盆で帰ってきた霊達も喜ぶんだろうなーと思いました。

自分は霊魂については少々疎いですが、やはり寝室でラップ音(心霊現象の1つ)が時々します時は、決まってお墓参りやお墓の掃除を怠けた時や、お盆なんですよねえ。因みに昨日の昼からは明らかに亡くなった祖母が帰ってきている痕跡が2度発生しました。ここからはちょっと怖いですが、1つめは、いいもりの里の近くに色んな製作をするための工房があるんですが、そこに猫ちゃんを3匹外で飼っているんですね。で、その猫ちゃん達には当然ながらエサを朝と夕の2回やっています。エサの量は一握り分の量を1回分とし、それを3匹で食べ終わる迄の所要時間は約2分。エサの袋は人間の手でしか開けれないガラスケースに常時保管してあります。

そして昨日の昼13時頃、工房に車で行ってみると…。いつもお出迎えしてくれる猫ちゃん達の姿が見当たりません。見渡すと、エサを保管してあるガラスケースの下に3匹の猫ちゃん達が忙しく何かを食べてるんです。ガラスケースはキチンと閉まってあるし、「またなんかネズミかなんか獲物を捕まえたんかな~?」と覗いて見ると、何といつも僕がガラスケースから出してやってるエサを食べているのです!僕は一瞬何が起こってるのか状況が把握出来ませんでしたが、すぐ冷静に考える事が出来「エサがあるガラスケースは閉まっている。しかしそのガラスケースの中のエサ袋の蓋を閉め忘れてる形跡がある。エサ袋からの減り具合からして、そんなに沢山エサの量を出してない。そして、いつも2分くらいで食べ終わる猫ちゃんたちが今まだ食べている…。ということは、このすぐ近くに誰かがいる!」と確信し周りを見渡しました。が誰1人として見つかりません。「じゃあ何故?」と考えた時にふと思ったのは去年亡くなった祖母の存在です。「そうか…。ばあちゃんお盆で帰ってきたんだな…。」と思い納得しました。納得したというのは、僕はいわゆるばあちゃん子みたいに、亡くなる前まで買い物や山にぜんまい採り、畑仕事を共にしてきました。特に毎月の1日と15日は神様とお墓のお参りとお掃除を共に行っていました。そのお参りの時、ばあちゃんがよく言ってた言葉が「私が死んだら、お参りと掃除をしてくれるんだろうか…。お守り下さい…。」毎回拝んでいました。だから、僕が掃除とお参りをさぼると決まって夜中にラップ音をさせたり奇怪な現象を「サイン」として知らせてくれるのです。なので度々ある現象からして今回のエサについてもばあちゃんの仕業だと納得がいき手を合わせ「ばあちゃんお帰りなさい…」と祈り、その工房を後にしいいもりの里の店番に戻りました。

そして2度目の怪奇現象として発生したのが、その日の19時頃、猫ちゃん達にエサを給仕するため工房に行ったところ、2匹の仔猫はお出迎えに寄って来ました。

しかし親猫の姿が見当たりません。エサを保管してあるガラスケースを開ける「ガタン」という音にいつも反応してダッシュで駆け寄ってくるので「ガタン!ガタン!」と何度もさせますが親猫の姿見当たりません。親猫の名前を呼びながら探していると、父自家製の動物用の罠檻の中で「ニャー!」という鳴き声。その親猫が何と檻の中に閉じ込められているのです!閉じ込められていた親猫は怯えている様子で「何か」あったのは間違い無いと確信しました。その檻の罠は人の手力でないと絶対扉が開かない構造になっていています。「誰がこんな事を…。ばあちゃん?何のサインなんこれは?」と理解に苦しみ「まさかばあちゃん、何かのイタズラ霊を一緒に連れてきたんかも…?」と感じ、工房に1日と15日に盛塩を交換しているんですが、今日早めに交換しました。そんな風でいいもりの里の工房では時々心霊現象が起こっています。まあばあちゃんに守って貰ってると思い良い方向で思うようにしてますが、今回の罠に猫を閉じ込めるは生前いくら気性が激しいばあちゃんでもやり過ぎでしょう!と1人愚痴っております^_^;

 

f:id:chiikidotcom:20190813111237j:plain

祖母の初盆で盆船を父が創作

2019.08.12 

 僕の家の裏山にクヌギ林があるんだけど、毎年クワガタが沢山採れるんです。秘密だけどねw

先週の日曜日に近くの山で採れたミヤマクワガタ!今年はミヤマが豊作でノコギリクワガタと同じぐらい良く採れるねえ(っ´ω`c) 

f:id:chiikidotcom:20190812151200j:plain

武雄のクヌギ山で採れたミヤマクワガタ

2019.08.11

いや~ホント日々暑くてたまんないですな~! しかーし!ここがカブトムシ生産者の稼ぎどころ!暑さなんて言ってなれないですわ!(さっき言ってたじゃん…と独りりツッコミをいれつつも…w)子供たちも寄ってたかって大喜びするしアレだね!ホントこれが元気の源だよね(っ´ω`c)!

まあそんなこんだでカブトムシ、クワガタを、いいもりの里にも商品として置いてるけど、武雄市山内町の黒髪の里にも展示出品していますのでこのブログを見られてるあなた、ぜひぜひ気軽に興味本位で見に来て下さいねええ!

f:id:chiikidotcom:20190812145743j:plain

こんな感じで出品。値段は平均400円くらいかな

f:id:chiikidotcom:20190812145554j:plain

佐賀県武雄市の黒髪の里に展示出品しているカブトムシたち

 

 2019.08.10

下の画像は、カブトムシがひっくり返っ時に、この木片にカギ足を引っ掛けて自力で起き上がれる止まり木に、餌になるゼリーを埋め込める穴をドリルで開けている作業様子です。穴を開けてからバーナーであぶって出来上がり!

1個150円でいいもりの里と武雄市黒髪の里で販売しております。

使ってみると意外ととても便利な飼育アイテムで、何年でも長持ちするし超オススメの品物ですよ~(ゝω・)

 

f:id:chiikidotcom:20190810163027j:plain

止まり木餌のせ台の自作作業様子

 

2019.08.05

5年前くらいに、「カブトムシの餌にバナナが出来ないかな~」と興味本位に1本購入した耐寒性のアイスクリームバナナ。初めて実が付きそうな蕾らしき物体が出現したした! どうなるかワクワクです(∩´∀`∩)!

f:id:chiikidotcom:20190809113313j:plain

栽培しはじめて約5年…。初めて念願花の蕾が!!


 

2019.7.27

毎年開催されてる伊万里市の夜市ですが、昨年よりその夜市で「今年もカブトムシの出店をしてみませんか?」というお声を頂きましたので仲間と共に出店を致しました。今年も子供達がとても喜んでくれて最高でした!で、今年特に感じたのが、カブトムシ女子チルドレンが意外に多い!どんだけ多いかザッと見た感じでいうと、男子3に対して女子が7くらいの割合なんですわW!

う~む…。昆虫女子の時代到来の日も近いかも…(゜∀゜ゞ)!

f:id:chiikidotcom:20190809104755j:plain

伊万里市で開催された夜市でのカブトムシ販売の様子


2019.05.08日記

f:id:chiikidotcom:20190508200259j:plain

何気に道に生えてるお花にてんとう虫が止まってる光景に心惹かれますねえ(*´ー`*)

 

🌟野菜作り生産者 中嶌澄子の取材日記

いいもりの里のオーナーであり筆者の母でもあり、そして生産者である中嶌澄子の

野菜作りの日常を気ままにゆる~くお伝えしていきます。宜しくお願い致します<(_ _)>

 

2019..08.10

今日は朝から中嶌澄子(母)が栽培して収穫したミニトマトを袋詰め作業しました。

露地トマトは毎年苗を植えて栽培を挑んでは立ち枯れて収穫に殆どならずででしたので、母に「今年もまた実が成らんトマト植えるん?肥料と労力の無駄じゃない?」と愚痴りながら手伝っておりましたw

それが…。何と!今年は露地でバッチリ実が沢山出来すぎて収穫が大変なほどになっちゃて!しかも味もメッチャ甘い! 「何かしたん?」と聞いても「さー?今年も適当にしてたのが良かったのかもねw」と言う…。 適当か…。利益の事をあまり考えず愚直に好きな事をやり続ける性格の母の成果かなあ…。まあ何にしても美味しいトマトです!このブログを見らてるあなた!オススメの季節野菜の1品ですので是非是非いいもりの里へ買いにいらして下さいませええ٩(๑´3`๑)۶!!

f:id:chiikidotcom:20190810170219j:plain

中嶌澄子が栽培した露地ミニトマト

 

🌟幸二の辛口な深イイ?話し

いきなりで失礼ですが、あなたに例題です!

冒険家のあなたは、不老長寿の水を求めて地図上に存在しない無人島に1人で山歩きをしていました。木々が生い茂った山奥歩いていると、あなたは足を滑らせて大きな洞穴に落ちてしましました。這い上がって脱出しようと何度も試みましたが、ここからはとても自力では出ることは不可能のようです。一旦這い上がる事を諦めて洞窟の周りを見渡すと、そこには探し求めていた伝説の不老長寿の地下が豊富にあるじゃああ~りませんか!それに高級食用になる植物が豊富に生えています。なので取りあえずは何とか生きるだけなら生きていけそうです。所持品といえば永久電池のスマホだけです。電波状況は良いようです。この状況の中、あなたならどういう選択をしますか?

 

①この洞穴から出るのは諦めて、生きれる限りここで1人で生きていこうと思う

②この洞穴から脱出する為に、根性と気合いで登れない壁を毎日毎日よじ登り、そして落ちては怪我をしをひたすら繰り返す

③脱出する目的に、スマホで地図上に無いこの無人島の場所を諦めず発信し続ける。

④脱出する発信をすると共に、不老長寿の水は自分だけ飲めたし、用はすんだので脱出した後に二度と落ちないように(失敗をしないように)と、誰にも不老長寿の水を知らせないように洞穴の穴を埋めたりと対策を練る。

スマホ発信で脱出する為に発信をしながら、不老長寿の水と高級食材を社会の為に活かすべく特許の取得と、この洞窟を拠点に、ビジネスを興すべく計画を練る

 

以上の問題の答えです。

①諦める

②非効率な方法で頑張る

③効果的な方法で、目の前のその場その場のピンチを切り抜けていく

④効果的な方法で、ピンチを切り抜け、二度とその失敗をしないように対策を練る

⑤効果的な方法で、ピンチを切り抜け、この失敗(逆境)をチャンスと捉えて生産性的な視点で思考、計画しポジティブに行動する

 

簡単でしたね!殆どの方が④か⑤を選んだと思います。こんな簡単な問題ですが、今あなたの状況で考えてみましょう。すると意外にも①だったり②を選択している場合が良くあると思います。それはどういう事なの?と思われるかと思います。

この問題に対して現実的な例を上げてお話ししましょう。ある田舎の地域で全作物を無農薬、無化学肥料での栽培が風習がある地域がありました。で、そこであなたはその素晴らしい野菜を使ってオーガニックレストランを起業したとします。そこでです。上記の問題に当てて考えてみましょう。内容は素晴らしいのに、②のように人工が少ない地域の人だけを相手に細々と商売をするのか、そしていずれは採算とれず経営が行き詰まって①のように倒産して夢を諦めるのか、それとも③や④のように洞穴(田舎)から脱出し都心に移住し給料の割が良い仕事に勤めるのか、又は⑤のように洞穴(田舎)に居ながらも外部に情報をどんどん発信して、都心の人や外国人の客層を狙い、この田舎に足を運んで貰うのか…。という地域格差(田舎と都心)による仕事やビジネスに対してのあなたへ意識の問いでもあるのです。

 

また、この問題は、「落とし穴に落ちる」という事を「逆境」と繋げて問いかける例でもあります。私も含めみなさん誰でも失敗や過ちを犯しますよね。そこで、その失敗したときに、その現実に対して「どの様に物事を捉えるか」という事なのです。

同じ落とし穴(失敗)に2人が落ちた時、1人は「これはチャンスだ!」と捉えポジティブに行動し、もう1人は「ついてない。もうダメだ……」と考える事すらやめたりします。出来ない、ようとしない、またはしたくない理由は何故でしょうか?

出来ない理由は周りのせいでしょうか? 出来ない理由を上げればいくらでも上げれますよねえ。「親のせい」「上司のせい」「資産が無いから」「もう年だから…」「天気が悪いから」「今日の運勢は最悪だから…」…。人は弱い人間ほど自我を守る為によく周りのせいに(批判や評論)しますよね。それは良い意味では「自我を守る」ということで確かに効果はあると思います。

でもね。それに甘え過ぎて自我を崩壊から守る為の一時的な休息であるはずの「周りのせい」を「習慣」にしてしまうとどうなるでしょう?自分の行いは棚に上げて、人や世の中を上から目線で批判したりする評論家になり「周りのせい」ばかりする…。それがいつしか「性格」になってしまうともうとても大変!周りを傷つけたり、マイナス思考の雰囲気を周りに伝染させたりと害を及ぼすことを呼吸をするように普通に出来てしまうんですよね。もう友人の正しく温かい勧告ももう耳に入りません。まさに出口が見えない不幸のスパイラルにハマってしまうんです!

だからといって極端に何でもかんでも「自分のせい」に考えると自我の崩壊の恐れがありますので、その辺はその人個々の精神的強さのレベルに応じて上手くコントロールしてバランスをとっていくことが肝要と思うんですよね。

もしあなたが①や②を選んで不満タラタラで周りのせいにもししてるんだったら、ちょっと立ち止まって落ち着いて考えて欲しい。そして出来る方法や知識を学ぼうという姿勢と習慣を身につけてほしい!そう。まあなんだかんだ言ってもあなたが1番興味があるのは先ずあなた自分自身の幸せなんだから。

出来ない理由をいくら周りのせいにしたって結局は虚しさだけ残って1つも幸せになれないんだから。やっぱり自分で自分自身を変えていかなきゃ!人や周りを変えようと思う前に先ず自分自身を変えようとしなきゃ根本的な出来ない原因を解決する事は出来ないと思うんだよねえ。だからもう「社会や会社のせい」「土地のせい」「人のせい」「お金のせい」「天のせい」など色んなせいにするのはもうやめにして、全てに対して感謝し愛しポジティブに思考する努力をしてみようよ(^ー^*)!そうすれば必ずあなたが望む幸せへの道は開くはずだよきっと!

 

「心が変われば行動が変わる」 

「行動が変われば習慣が変わる」

「習慣が変われば人格が変わる」

「人格が変われば運命が変わる」

どんな高齢になったって始めるのは全然遅くない!

かのケンタッキーフライドチキン創始者カーネル・ハーランド・サンダース氏は

65才で起業し、契約営業で1009回もの門前払いを受けながらも諦めずに希望を常に忘れずポジティブ行動を続けた結果世界のフランチャイズにまで発展し90才までハツラツと元気に仕事を楽しんだとの事です。日清食品安藤百福も無一文からの1年後、研究していたカップラーメンを開発し47才で起業しました。今は昔よりどんどん健康寿命も長くなってるので、まだまだ高齢からでも「何か」に挑戦し始める事に遅くなんか無いんだよね!

あなたなら出来るさ!他のせいにしたり、悩んでるならとにかくやってみなはれ!

何とかは産むが易しだね。

でもやるんだったらちゃんと背中を伸ばして前を向いて走ろうね。100メートル競走で走ってる最中に、後ろを見たり転んだ際の事を考えて走っちゃベストタイムは出ないよね。ちゃんと目標のゴールを目指してひたむきに頑張っている人っていつだって輝いてるし周りも応援したくなるものだよ(∩´∀`∩)!

 

 

 

 

🌟(あなたの意識レベルに対しての問題)

あなたは車を運転しています。「あなたは前を向いていて車は前進」しています。運転している時、あなたはどこを意識して運転してますか?

①酒酔いで意識もうろう

②手元のスマホを意識しながら

③前方10メートル付近と脇見を中心に意識している

④バックミラーばかり意識している

⑤前方100メートルくらい(遠目)を中心に周囲視野で状況を把握しながら必要なポイントに必要な瞬間に対して意識をおいていく

 ⑥上記の⑤に合わせ、目的地の何十㎞先の道のりを目指して運転している

 

(答え)

①自信も無く、夢も諦め、自分の人生に対して無関心で自暴自棄になった状態であり、周囲の迷惑も考えず、自分勝手で、ただ単にその場の自分の欲望の為に生息する。

動物でいえば「昆虫タイプ」  

役職でいえば「夢を諦めたニートタイプ」

 

② いわゆる近視眼的意識であり、その場その場に対してのリスク回避や、目の前のその場の利益だけに全力を上げる。

動物でいえば「イノシシタイプ」 

役職でいえば「日雇いの単純作業員タイプ」

 

 ③イノシシタイプよりは利口に物事を見ることが出来るが、まだまだ視野が狭く、雑念が多く目標が定まらないので落ち着き無くいつもフラフラ。横から突かれたら簡単に倒れて立ち上がると違う目標に向かい再びフラフラしながら進む

動物でいえば「迷い子お猿さんタイプ」 

役職でいえば「信念が足りない優柔不断な係長タイプ」

 

 ④顔は前を向いて前進しているので、形だけ周囲から見たらチャンと仕事をしているように見えるが、目や意識は過去(バックミラー)を見ているから当然ながら事故を度々おこす。

動物でいえば「過去に囚われた地縛狐霊タイプ」

役職でいえば「過去の栄光を自慢し、現代を学ぼうとしないで時代に乗り遅れた定年前の管理職タイプ

 

⑤このタイプは、執念に似た強烈な一貫性の夢と希望を志とし、それを成す為に行動の際何度も躓づくが、深い知識と経験、諦めないプラス思考、行動力と良い習慣をもっており、躓づく度に強くなり、いずれは夢を成しえる。しかし、自分が長年血の汗を流しながら苦労の末に培った技術にプライドがある為に、人にその技術を伝えようとはしない。運良く伝える事が出来るとすれば血の繋がった子孫のみとなる。故に本人個人として体が元気なうちは事業は回るが、病気にでもなり体が動かなくなれば運営は出来なくなる可能性が高い。将来的に永続性が無い、若しくはとても低い確率となるといえる。

動物でいえば「1匹オオカミタイプ」 

 役職でいえば「職人、自営業」

 

⑥上記⑤に同じく成功を収めるが、自分や家族だけで行う「自営」の弱さを自覚し、他の人たちと協力して行う「ビジネス」を思考し実行する為、将来的に無限の永続性と広がりのあるビジネスと成る可能性がある。又、自分が動け無くても運営が回るシステムにより、自由な時間とお金が永続的に入り続ける。「職人、自営業」タイプと違い、自分が培った技術とノウハウを適性な方法で喜んで人々に伝え教育し、世の中に奉仕し、自然や天に対する愛と感謝を行いその心はとても幸福である。

動物でいえば「群れを成すリーダーライオン」

役職でいえば「ビジネスオーナー、エンジェル投資家タイプ」

 

 どうでしたか?あなたも当然ながら⑥を選んだと思います。簡単だったですね!

あなたの周りにも当てはまる人はいたと思います。前を向いて運転

この問題はあなたに解り易いよう「イメージ」して貰い、成功の意識というものを「腑に落ちる」事を目的として僕が考えたものです。少しでもあなたのお役に立てた

 ら光栄です。

 

 

🌟「知識力」と「思考力」の違いについての幸二の見解

 

 

 

 

🌟この時代に生きる 私たちの矛盾

ビルは高くなったが 人の気は短くなり

高速道路は広くなったが 視野は狭くなり

お金は使っているが 得る物は少なく

たくさん物を買ってるが 楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 家庭は小さくなり

より便利になったが時間は前よりもない

たくさん学位を持っても センスはなく

知識は増えたが 決断することは少ない

専門家は大勢いるが 問題は増えている

薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

 

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく

猛スピードで運転し すぐ怒り 夜更かしをしすぎて 起きたときは疲れ過ぎている

読むこと稀で テレビは長く見るが 祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 人生は学んではいない

長生きするようになったが 長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが より良いことはなしえていない

空気を浄化し 魂を汚し

原子核を分解させられるが 偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 待つことは覚えず

計画は増えたが 成し遂げられていない

たくさん書いてるが 学びはせず

情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのにコミュニケーションはどんどん減っている

ファースト・フードで消化は遅く

体は大きいが 人格は小さく

利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに 家庭の争いはたえず

レジャーは増えても 楽しみは少なく

たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない

夫婦で稼いでも いつまでたっても余裕はできず

家は良くなったが 家庭は壊れている

 

忘れないでほしい 愛するものと過ごす時間を

それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい すぐそばにいる人を抱きしめることを

あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 一円もかからない

忘れないでほしい あなたのパートナーや愛する者に「愛してる」と言うことを 心を込めて

 

あなたの心からのキスと抱擁は傷を癒してくれるだろう

忘れないでほしい もう逢えないかもしれないこの人の手を握り その時間を慈しむことを

愛し 話し あなたの心の中にあるかけがえのない想いを分かち合おう

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるものではない

どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

                          ボブ・ムーワヘッド原

 

 

 

 

 

 

🌟

性格は「顔」に出る

生活は「体型」に出る

本音は「仕草」に出る

芯の強さ、感情は「声」に出る

センスは「服」に出る

美意識は「爪」に出る

清潔感は「髪」に出る

落ち着きのなさは「足」に出る

気配りは「食べ方」に出る

ストレスは「肌」に出る

人間性は「弱者への態度」に出る

🌟カブトムシ、クワガタ自然採集の方法

 こんばんちは!幸二です。ここでは私、中嶌幸二がカブトムシ生産者として実際やっているカブトムシ・クワガタの自然採集方法について準備する道具を簡単に紹介致します。

 

🌟採れる時期

クワガタムシ:7月初旬~9月末(地方とその年に寄って多少ズレがある)

カブトムシ :7月中旬~9月末(地方とその年に寄って多少ズレがある)

 

🌟採れる木

クヌギの中~大木の樹液が出ている木(同じ木でもその年によって樹液が出たり出なかったりする)

 

🌟採れる場所

カブトムシは標高が低めのクヌギ

 

🌟採集時の服装

☆長靴(マムシ等毒蛇を踏んづけて噛まれない為に長靴着用する)

☆長袖シャツ(半袖は絶対ダメ。蚊に刺されまくる。又蜂やムカデ、ゲジゲジ等の毒虫もいて,木枝や草むらの葉っぱに隠れており刺される可能性があるため)

☆長ズボン(厚手の生地のジーパンか作業ズボンが良)

 

 🌟採集する時の道具

☆虫取り網(柄が収縮出来る物)×2

☆懐中電灯×1

☆大型昆虫ケース×1

☆ルアーケース×1

 

 

🌟カブトムシ多頭飼育、販売年間行動計画とポイント

🌟「カブトムシ飼育、販売年間行動計画」

こーちゃんは子供の頃から昆虫が大好きで、そのまま大人になっても1つの夢は「カブトムシ、クワガタの飼育販売する人になる」と思い続けてカブトムシ飼育販売業者に。

自分自身の毎年のカブトムシ飼育販売行動計画ですが、参考になればどうぞご覧になって下さい。質問やコメントにも返信します。

 

 

🌟1月

 ☆チェンソーにてクヌギをチップにする作業。(カブトムシ幼虫餌マット作り)

 

クヌギチップ作成手順)

①朽ちかけたクヌギをチップにする材として選ぶ(皮が剥ぎ易く、木質自体も柔らくなっていてチェンソーの刃が折れにくくスパスパ‘切れるので作業時間も労力も安易である為)

 ☆新しい生木クヌギは皮が剥げ難く、木質が硬いので来年朽ちかけになるまで日陰でシート覆わず山積み放置する。(シートで覆うと害虫やアリが多く発生するのでNG)

 

②餌とならない皮を大きめの刃物ではぎ取る

 

 

 


カブトムシの餌を作成

朽ちかけたクヌギのの木の皮は簡単に剥がれるので労力も時間も要らない。

 

 

③バイオ潤滑オイルを入れた小型チェンソーで薄切りにしていく。チップになって無い固形の部分も大切な餌となるのでチップと共に混ぜて水をベチャベチャにならない程度に加水し混ぜる。

 

 

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181122173259j:plain

スチール193カービングにて輪切りに

 

 

f:id:chiikidotcom:20181122212227j:plain

端の部分は斧で適当に細く割る

 

 

f:id:chiikidotcom:20181112142447j:plain

チップも輪切りも端の細割り部分も全部ひとまとめにし

 

 

f:id:chiikidotcom:20181122212026j:plain

加水しながらスコップで混ぜる




 

f:id:chiikidotcom:20181122212936j:plain

加水しながら混ぜたチップをシートの中に山積みしていく。



 

 

 

 

⚠️この点での注意点は、チェンソーのチェン潤滑油はバイオオイルを必ず使用する事。鉱物系潤滑油は幼虫達の生育にとても悪く奇形が産まれる可能性が高くなる。(自分は安価で安心なメーカーのハスクのビーゴチェーンバイオオイルを使用している。⤵️

 

 

f:id:chiikidotcom:20181121131259j:plain

ハスクバーナーのビーゴバイオオイル

⤴️このチェーンバイオオイルは自然の植物油を原料としたオイルで自然還元率が高く自然に易しい。難点は価格が高めだがスチール193なら消費効率良くそんなに減らないしカブトムシ幼虫のマット作りにはバイオオイルは必須。

 


自分が使用しているチェンソーは、伐採業者(森林組合等)がよく使用しているスチールのメーカーで燃費効率が良く、そして軽量小型で安定性が良い193カービングチェンソーがとても気に入って愛用している。

 

f:id:chiikidotcom:20181121131306j:plain

スチールMS193 C-Eカービングチェンソー

 

 

④シートの中に膝の高さ以上に山積みしていき自然発酵させる。(攪拌などせず完全放置が最良!)

f:id:chiikidotcom:20181006104146j:plain

シートを地面に敷いた上にチップを山積みし、雨水が溜まらないように山積みチップの上にシートを覆い固定する

⚠️この点で注意する事は、シートの中に山積みして入れていったマットは攪拌しない事。(特に4月末以降に攪拌するとガスが発生し交尾済みのメスが産卵しないし、産卵しても幼虫達がガスで死滅する。)

 

 

 🌟毎月の作業として、補充用完熟マットを作成する。

補充用完熟マットは、4月初旬位からの作業に必要なマットで、幼虫管理用ケース内の餌を補充するための物である。(4月初旬参照)

 

(作業手順)

①シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌していく。

 

 

f:id:chiikidotcom:20181121112704j:plain

大きな容器等に概略発酵マットを入れて攪拌していき完熟マットに仕上げていく

 

 

 

②スコップで充分攪拌(混ぜる事)したら、雨水やゴミが入らないように必ず蓋をする。又、強風で蓋が飛ばないように重しを乗せて置く。

 

f:id:chiikidotcom:20181121112742j:plain

雨水やゴミが入らないように蓋をする

 

⚠️この時の注意点は、少し空気が入るように隙間を開けておく事。(空気が入らないと嫌気菌が発生し発酵しない為。)

 

③完熟した良い香りがしたら、ハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管したマットを4月初旬くらいからの幼虫餌補充用として使用する。

 

(未発酵マットを補充するとガスが発生し幼虫達が死亡していく確率が高くなるので良い香りになる「完熟マット」にさせなければならないので充分気を付ける。)  幼虫はマットが命。遺伝も関係あるが、マットの良し悪しで全滅するか大きく元気な個体が羽化するかが決まる。

 

               「画像予定」

 

 

 

 

🌟2月

 9月初旬~5月末までの期間で時間がある時に朽ちかけたクヌギをチップにする作業をしていく。

(チップ作成手順は🌟1月を参照)

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間以上日陰で保管した物を補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

 

🌟3月

 ☆9月初旬~5月末までの期間で時間がある時に朽ちかけたクヌギをチップにする作業をしていく。

(チップ作成手順は🌟1月を参照)

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間以上日陰で保管した物を補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

🌟3月

 

衣装ケースガス抜き穴空け作業

☆劣化で破損した衣装ケースがあれば衣装ケースを購入補填し、ドリルで横面と蓋をにガス抜き空気穴を開ける。

 

 

「画像予定」

 

 

成虫メス多頭飼育ケース(衣装ケース)の蓋だけに穴を開ける(横穴を開けるとメスは穴をこじ開けて脱出する力があるため)

 

「画像予定」

 

 

成虫メス多頭飼育ケースに入れるメスの数は200匹とするので必要数準備する

(例)幼虫が1000匹いるなら半分の500匹がメスが産出すると考える。

総数(1000匹)の10分の1(100匹)を交尾選抜メスとするなら、

産出されるメス数500匹ー100匹=400匹をケース内多頭飼育管理する。

1衣装ケース内に200匹が上限ということで2つの成虫メス多頭飼育ケースが必要になる。

 

 

🌟4月

☆9月初旬~5月末までの期間で時間がある時に朽ちかけたクヌギをチップにする作業をしていく。

(チップ作成手順は🌟1月を参照)

 

☆4月初旬~5月末まで幼虫たちは特に餌(マット)をよく食べて沢山糞をするので小まめにマット補充し餌切れの無いように注意する事。

 

             「画像予定」

 

 

(補充用完熟マットの補充の手順) 

衣装ケース内の中のマット上層にあるカブトムシ幼虫の糞をフルイで取り除き、2カ月間以上寝かせた幼虫餌補充用マットを補充する。(取り除いた糞は植物の栄養と雑草予防、乾燥防止になるバクテリア堆肥なので植物の根元に撒くと良い。)

 

             「画像予定」

 

☆7月初旬頃にカブトムシが羽化するので4月からは出荷準備で忙しくなる。早めにKBファームプロゼリー18gワイドと、すこやかゼリー16gを購入しておく(シーズンに入ると売り切れの事もあるので。)出来ればKBファームのゼリー安売りされる秋のセールが時々あるので購入出来ているならそれが1番経済的に良い。

ゼリーの用途別に2種類購入

1つは飼育用として安価で栄養があるKBファームすこやかゼリー16g

2つは交尾、産卵させる個体用としてと、販売用として栄養価が特に高いKBファームプロゼリー18gワイド

(数あるゼリーを試してKBファームゼリーが1番食い付き、寿命が長くなり、多く産卵させれた)

KBファームプロゼリー18gワイド

⬇️

 

 

 

 

 

KBファームすこやかゼリー16g

⬇️

 

【KBファーム製】【クワガタムシ・カブトムシ用】すこやかゼリー16g1500個入

【KBファーム製】【クワガタムシ・カブトムシ用】すこやかゼリー16g1500個入

 

 

 ゼリーカッターですこやかゼリーを2つに切る事によりカブトムシ、クワガタが食べやすい形になり、1つのゼリーを2つに切ってやる事により餌代が安くなる。

ゼリーを瞬時に簡単に切れるゼリーカッターは必需品。無かったら早めに購入しておく事。

f:id:chiikidotcom:20181121144017j:plain

すこやかゼリー16gとゼリーカッターを準備

f:id:chiikidotcom:20181121144025j:plain

ゼリーカッターのカッター付きスライドを外してゼリーをセットする

f:id:chiikidotcom:20181121144030j:plain

カッター付きスライドを上から下にスライドさせれば…

f:id:chiikidotcom:20181121144039j:plain

力を使わなくても簡単にゼリーが綺麗に2つに切れる!



 

 

 

 

大型プリンカップを必要数量購入しておく。

飼育管理用プリンカップ:プレハブ等の温室で出荷までの間飼育管理するプリンケース。(幼虫の約半分位はオスと思い、オスの数とペアリングさせる選抜メスの数を概略足した数)

(例)1000匹の幼虫がいたとして、約500位はオス。ペアリングさせるメスが100匹とすると合計600で余裕を持って700位プリンカップが必要。(プリンカップは劣化し難く何年でも使い回し出来るので去年使っていた物があればそれでOK)

☆選抜外のメス達は大型衣装ケースに200匹ずつ入れてOKなのでプリンカップ不要(メス同士は餌切れさえ無ければ仲良し)

 

販売用プリンカップ:販売用なので未使用か綺麗なプリンカップが良い。

上記の1000匹の幼虫がいるとして、ペアリングさせる選抜のオス100匹とメス100匹以外の800匹を販売用なので800のプリンカップが必要。

自分が毎年愛用しているプリンカップはオオクワキングのプリンカップ860(経130×高100)を愛用している。

 

           

f:id:chiikidotcom:20181128204445j:plain

底面にライターが余裕で入る大きさ

 

☆プリンカップを注文して届いたら、全てのプリンカップの蓋に空気小穴を開ける。(空気穴を空けて無いと昆虫が窒息死する為必要)

 

  

f:id:chiikidotcom:20181123135242j:plain

キリ等で小さい空気穴を開ける

⚠️ここでの注意点は穴を開ける場所を必ず蓋にする。カップ本体の横面に穴を開けると小さい穴であってもその穴にカブトムシがかぎ爪を引っ掛けて上部にかけ上がり蓋をこじ開け脱走する可能性がある。又、プリンカップの底面に穴を開けると.メスはその小さな穴をこじ開け脱走する可能性がある。空気穴は必ず蓋にする事。

         

 

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管した物を補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

🌟5月

 

☆9月初旬~5月末までの期間で時間がある時に朽ちかけたクヌギをチップにする作業をしていく。

(チップ作成手順は🌟1月を参照)

 

☆4月初旬~5月末まで幼虫たちは特に餌(マット)をよく食べて沢山糞をするので小まめにマット補充し餌切れの無いように注意する事。

 

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管した物を補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

 

 

🌟6月

 ☆プリンカップ内に敷くウッドチップを購入(コメリやグッデイのパインチップでOK) 

 

              「画像予定」

 

 

☆この時期6月初旬~6月末(その年によって少し日にちが前後する)は幼虫からサナギになっているので餌補充は不要。サナギの桶を壊さないよう衣装ケースを動かしたりしないよう注意する。

 

            

f:id:chiikidotcom:20181005080347j:plain

さなぎの時期は飼育ケースを動かさない事。

 

 

☆止まり木作成

f:id:chiikidotcom:20181123151511j:plain

カブトムシがひっくり返った時に手足を止まり木に引っ掛けて自力で起き上がれる為の木片

この止まり木が成虫飼育ケース内に入って無いとひっくり返ったまま餌を食べれずバタバタさせて体力消耗して死んでしまう。

 

             

 

 

 

「止まり木作成手順」

 

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管した物を補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

チェンソーは使用しない期間は月に1度はエンジンをかけ機械内の良い状態を保持させる。

 

🌟7月

☆7月初旬

 羽化ラッシュ。衣装ケース内のマット上に次々に羽化した成虫が出てくるので捕獲してオスは1匹ずつプリンケースに入れる。(オス同士は殺し合うので)

その際、羽化したばかりの個体は2週間くらいは餌を食べないので1発目からゼリーは入れなくて良いがウッドチップと止まり木(転倒したときに自力で起き上がれる木片)を入れてスプレーで少し加水しておく。

又、ペアリング(交尾)させる用のオスとメスは選抜しておく。

選抜個体の基準は「サイズ」「形」「色」「ツヤ」「元気の良さ」「奇形や足など取れて無い物」を基準に良い個体を選ぶ。(遺伝する。良い子孫を産ませる)

 

選抜外のメスはメス多頭飼育用(🌟4月成虫メス多頭飼育ケース参照)の横穴無しの衣装ケースにウッドチップを約1㎝敷き詰めてメス約200匹ずつ投入し、半分皮を剥いだバナナ🍌を約3本を3日に1度入れる(この際ウッドチップがベチョベチョに過湿しているならウッドチップも交換する)

⚠️取り除いた過湿のウッドチップは天日干しして乾燥させれば何度でも使用出来るので捨てないようにする。

 

 

☆7月初旬

カブトムシ販売開始。8月中旬まで販売

 

f:id:chiikidotcom:20181117110715j:plain

黒髪の○直売所へ約400匹(オスメス混合)出品。

ペアリングしない個体は販売する。販売用の個体のエサは安価なすこやかゼリーをゼリーカッターで2つに切り1匹に1づつ入れ3日に一度餌を与える。

 

注意点

⚠️基本的に1つのプリンケースに1匹だけ入れる(殺し合うので)

⚠️5日も餌を与えないと死ぬ確率が高くなる

⚠️餌を与える時にウッドチップを交換する。(おしっこでウッドチップがベチャベチャになってるので)ベチャベチャになったウッドチップは天日干しにして乾燥させたら何回も再利用出来る。

 

 

☆羽化した後の衣装ケースのマットは

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管した物を補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

 

🌟8月

8月初旬ペアリング(オスメス同居交尾)開始。

 

「ペアリング方法」

①形と色、ツヤ、そして大きいサイズをオスメスを選抜した個体を準備。

②大菌糸瓶に広葉樹ウッドチップ(無ければコメリやグッデイ等のホームセンターに販売してある小動物用パインチップでもOK)を少量と、

KBファームプロゼリー18gワイドをカッターで蓋に十字の切れ目を入れて1つ入れる.。

そして止まり木(カブトムシがひっくり返った時に手足を引っ掛けて自分で起き上がれる木片)を入れて

選抜したオスとメスで後食(羽化後2~3週間後にエサを食べ始める事)が確認出来た個体を1匹ずつ入れる。(後食してない個体をペアリングしたら交尾しない可能性が高い)

 

f:id:chiikidotcom:20181121144733j:plain

ペアリングの形

 

⚠️大菌糸瓶である理由は

(狭過ぎない為)大サイズオスメスを2匹入れて狭くない為ストレス少なく交尾が成功する確率が高い為。又、交尾後の雄が雌に攻撃して死亡させないようメスが逃げるスペースがあるため。

 

(広すぎない為)大型昆虫ケース等の広すぎるスペースだとオスとメスが出会って交尾する確率が低くなる

 

(底面が円形である為)一般の昆虫ケースのような底辺が4角より円形の底辺の方がオスとメスが出会う確率も高くなる。

 

 

③選抜したオスメスを1匹ずつ菌糸瓶に入れてしっかり蓋をし、

 菌糸瓶の蓋に空気小穴が空いてるのを確認する。(空いてないと窒息死する)

 

ペアリングの時間は約48時間とする。それ以上の同居はオスがメスを攻撃して殺してしまう確率が高くなる。

 

☆ペアリング後のメスは野外シートのマットの中に放虫し、少し皮をはいだバナナ🍌をシート内に入れて置く。(1匹のメスは1度だけの交尾で約100の卵を産卵する。)

☆交尾済みのオスは販売する。(再度ペアリングさせるなら7日後にペアリングさせていく。)

 

 

 

特大サイズ! 空クリアボトル 3250ml×バラ1本(穴あけ加工済、フィルター付き)

特大サイズ! 空クリアボトル 3250ml×バラ1本(穴あけ加工済、フィルター付き)

 

 

🌟8月初旬

衣装ケース内卵移動作業

羽化後衣装ケースの底から3分の1程度のマットを野外シート内の発酵マットへ移す。

この作業の理由は、7月からの羽化後に衣装ケース内で交尾しメスが産卵して幼虫が沢山いる事が多い。その幼虫を野外シートの発酵マットへ移す事により大きく育つ。

 

☆羽化後3分の1マットを野外発酵マットへ移す時のポイントは、崩さずに固形のまま移動する事である。崩すと小さな幼虫や卵を傷つけてしまい死滅する可能性が出てくるので底に敷いたメッシュに金紐を繫いだ4角から引っ張り上げ慎重に引き上げて固形のまま野外シート内の発酵マットの上に乗せておく。

 

 

 

              「画像予定」

 

 

🌟8月初旬

 幼虫管理用ケースを作成

 

作成手順

 

 ①2カ月間後(10月)に入れる予定数の衣装ケースを用意する。

ナフコ大型衣装ケースだったら1つの衣装ケースに100匹の幼虫を育てられるので、1000匹幼虫を育てるなら衣装ケースが10ケース必要)

 

 

f:id:chiikidotcom:20181121112756j:plain

ハトメ金具を外した衣装ケースを準備

 

 ②底面に目の細か金網を敷き4角を金紐で繫ぐ。

 

 

「画像予定」

 

 

この金網をする事により8月初旬に行う羽化後3分の1マットを固形のまま野外シートに移す事が出来る。(その必要性は🌟8月ケース内卵移動作業参照)

 

③マットを衣装ケース上部いっぱいまで入れて、温室(冷房機能付きのエアコンがが設置してあるプレハブ小屋等)、又は真夏でも涼しい場所(木の木陰や小屋等)に移動し9月末日までガス抜き(攪拌等せず完全放置)する。

 

f:id:chiikidotcom:20181005080347j:plain

シート内の発酵マットを衣装ケースいっぱいに入れて管理倉庫へ移動

 

10月初旬頃から幼虫を入れるのだが、マットを入れたばかりのケースでは発酵ガスで幼虫が死滅するのでマット内のガスがガス抜き穴から出て落ち着くまで約3カ月間必要。また、ハトメ金具を外した大穴からマット内のミミズや線虫、その他害虫がケースいますの外へ自力で出て行く。)

⚠️ここでの注意点は、幼虫管理用ケースを野外の木陰等雨が当たる場所に置く場合は、ベニヤ板等を上に敷いて重しをし、雨水がケース内に入らないように気を付ける。(雨水がケース内に入り過剰に水分多いマットになるとマットが腐敗したりする)

 

 

f:id:chiikidotcom:20181121112747j:plain

マット内の害虫

こういう害虫はカブトムシがサナギになっている時に桶を壊した1りする可能性があるのでハトメ金具を外して大きな穴からマット内から追い出す事が重要。(2カ月の間で大体自力で外へ出て行く。害虫もガスから逃げようとし、空気穴から新鮮な空気がある所に逃げて外に出る。)

 

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管した物を補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

 

🌟9月

☆9月初旬~5月末までの期間で時間がある時に朽ちかけたクヌギをチップにする作業をしていく。

(チップ作成手順は🌟1月を参照)

 

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管後、補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

 

 

🌟10月

☆出来ればKBファームのゼリー安売りされる秋のセールで購入出来ているならそれが1番経済的に良いのでKBファームの問い合わせにセール期間を尋ねてゼリーを安価で購入しておく。(セールが無い年もあるので問い合わせて確認する)

 

🌟10月初旬

交尾済みのメスに野外シート内のマットに自然産卵させたマットを探り幼虫達を取り出し、8月中旬にセットした衣装ケースに入れるのだが、その前に幼虫を入れる衣装ケースにはハトメ金具を装着させて幼虫がガス抜き空気穴から飛び出さないようにしてから幼虫を入れる。

f:id:chiikidotcom:20181120202848j:plain

ナフコで売ってあるハトメ金具

ハトメ金具のサイズは色々ある。8mmが幼虫が出ないサイズで良い。20個入りで100円弱で安価である。

 

 

f:id:chiikidotcom:20181120202817j:plain

ハトメ金具の形状

凸の形になって穴が空いている。コレを衣装ケースのガス抜き穴に差し込む。

 

f:id:chiikidotcom:20181120202836j:plain

ハトメ金具のワッカは使わないので分ける。

f:id:chiikidotcom:20181120202623j:plain

布ガムテープ

ハトメ金具を固定するには布ガムテープが良い。クラフトガムテープは水分を含むと剥がれやすい。画像のガムテープはナフコの 1番安価なガムテープだがそれで充分。

 

f:id:chiikidotcom:20181120202637j:plain

衣装ケースのガス抜き穴にハトメ金具を差し込みガムテープで固定しペン等で穴を空ける

完熟マットが入っている衣装ケースにハトメ金具を装着しペン等で穴を空けた後に幼虫を投入してゆく。順序を間違えて幼虫を入れて金具を取り付けペン等で穴を空けてる時にペン先で幼虫を傷つけたりする可能性が出てくるので、金具取付し穴を空けた後に幼虫を投入する方が良い。

 

衣装ケースはナフコの1番大きな衣装ケースが割れにくくとても良いし100匹のカブトムシ幼虫を飼育出来、問題なく大きな個体が産出出来る。

 

⚠️ここでの注意点は、ガムテープを貼る部分が水分や埃があると剥がれる可能性が出てくるので、必ず穴周囲は綺麗に拭き取る。自分は先ず布で軽く拭き、トイレットペーパーで綺麗に水分も拭き取りしている。

 

f:id:chiikidotcom:20181120202543j:plain

野外のシート内のマットを探り幼虫を取り出す

 

f:id:chiikidotcom:20181120202530j:plain

取り出したカブトムシ幼虫達

この幼虫達を金具取付完了の発酵済みマット衣装ケースに均等数ずつ入れていく。1つの大型衣装ケースに100匹までを上限とする。

 

 

9月初旬~5月末までの期間で時間がある時に朽ちかけたクヌギをチップにする作業をしていく。

(チップ作成手順は🌟1月を参照)

 

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管して補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

 

🌟11月初旬

 

 

f:id:chiikidotcom:20181121111026j:plain

椎茸が出なくなったクヌギを近所から貰い集める。

11月からはカブトムシ幼虫の餌となるクヌギを集め始める。近所から集める数が少なければ森林組合から太めのサイズを購入する。

伐採したばかりのクヌギは来年にチップにする。(少し朽ちたクヌギの方がチップにする時に皮が剥ぎ易く、木質自体も柔らくなっていてチェンソーの刃が折れにくくチップにする作業時間も労力も安易になる)

 

☆9月初旬~5月末までの期間で時間がある時に朽ちかけたクヌギをチップにする作業をしていく。

(チップ作成手順は🌟1月を参照)

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌補充用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間日陰で保管した物を補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

 

 

🌟12月

 

9月初旬~5月末までの期間で時間がある時に朽ちかけたクヌギをチップにする作業をしていく。

(チップ作成手順は🌟1月を参照)

 

 

☆(年中を通しての作業。補充用完熟マット作成作業)

①幼虫餌用マットとして、シートの中の黒くなった発酵マットを攪拌箱に入れて約30日間にかけ2~3日に1度スコップで攪拌。

②完熟発酵した良い香りがしたらハトメ金具無しのガス抜き穴ある衣装ケースにいっぱいに入れてガス抜きと害虫を外に出す為最低2カ月間保管後に保管補充用として使用する。(作業手順は🌟1月を参照)

 

マットが万が一足りない場合はネット注文する。