中嶌幸二の珍遊白書

日々の出来事記事。興味分野の試みまとめ記事。得意分野のまとめ記事

🌟日本カブトムシの育て方

ここでは日本カブトムシをより大事に飼育していく為にカブトムシになった気持ちになってw飼育方法を解説していく。

 

🌟飼育環境

☆温度:約20℃~約30℃(最適温度25℃前後)

⚠️18℃以下、又は31℃以上の温度になると死亡の確率が高くなる。

 

 

☆湿度:約60℃前後が最適だが、ケース内ににゼリーを入れていれば乾燥していても全然平気。

 

☆光:夜行性なので直射日光の当たる場所で飼育しない事。(死亡の確率が高くなる

 

☆餌の種類

①昆虫ゼリー(ゼリーの品質や栄養によって元気さ、寿命、産卵数に差が出る。)

 

②バナナ🍌(ゼリーの他にやるならバナナが良い。バナナは高タンパクで食いつきも良い。だだしデメリットとしてはゼリーと比べて腐敗が早いので日持ちしない。)

 

⚠️(キュウリ🥒、メロン🍈、スイカ🍉、梨は水分含有量が多くカブトムシ、クワガタが体調を崩して短命になりやすいと言われている。)

 

☆餌やりの頻度

サイズによって多少必要量は異なると思うが、16gゼリーをゼリーカッターで2つに分けた物の1つを約3日に1度の頻度で与える(餌が切れて5日も間隔が空くと死亡の確率が高くなる)

 

 

 

 

 

すこやかゼリー(KBファーム) 16g×1000個

すこやかゼリー(KBファーム) 16g×1000個

 

 

 

 

 

 

🌟個体管理方法

 

単体飼育「1つのケースに1頭のみのオス(メス)を入れて飼育する方法」

この単体飼育方法がケンカも交尾もしないので1番長生きする確率が高くなる。

 

 

オス同士飼育

オスは基本的に1つの容器に1頭入れて飼育する方が良い(オス同士は餌とメスを奪い合いの死闘をし死亡の確率が高い。)

 

 

メス同士飼育

メス同士は基本的に仲良しなので1つのケース内にメスの多頭飼育はOKだが、餌が少ないと餌の奪い合いの死闘をしたり、餌切れの日が続くとメス同士殺しあって死亡した個体を食べる事があるので1つのケースにメスを2頭以上の多頭飼育する場合も餌切れはしないように気を付ける。

 

編集中