直売所 いいもりの里

いいもりの里に出荷されてる農家みなさんの日常

🌟カブトムシ生産者 中嶌幸二の日記


おはこんばんちわ!このブログの管理者であります中嶌幸二といいます。

この日記では、私が生産しておりますカブトムシの飼育の様子や何気ない日常を無責任にゆる~く呟いていこうかと思いますので読者の皆様どうぞ温かい目で宜しくお願い致します<(_ _)>

 

 

2019.08.15

先月、苦しんでいる世界の子供達の為に、ユニセフへネットバンキングで寄付をしまして、その領収書が届きました。私は初詣でお参りするときのお賽銭すら10円すら投じない人間ですが、苦しんでいる人間に対しては大金を投じる事がたまにあります。まあそれは自己満足かもしれないし、偽善者とバカにされるかもしれません。更に家族やビジネス仲間に「そんな大事なお金を寄付するなんてあなたの金銭感覚が疑わしい!信用出来ない!」と言われる可能性だってあります。でも、それでも恵まれない子供達が少しでも幸せになれる力になれるのなら、私はそれで良いのです。

f:id:chiikidotcom:20190815090625j:plain

ユニセフへの寄付でお礼状と領収書

 

2019.08.14

露地栽培アイスクリームバナナ。数日前までまだ花だけだったのが、その裏に何やら形あるものを発見!あれはもしや…!夢にまで見たバナナの実!!

ついに、この九州北部地方である佐賀県の露地でもバナナの実を付けさせる事に成功!この段階でも大きな進歩で先ず大成功ですが、あわよくばこのまま食べられるバナナに育ってくれ!ワクワク(●´ω`●)!

f:id:chiikidotcom:20190814102541j:plain

ついに…、実が…!

 

2019.08.13

この地域(佐賀県伊万里市波多津町)では盆船流しという伝統がありまして、うちの祖母が去年97才にて大往生しましたので、今回その盆船流しに流す「盆船」を父が創作しました。この地域の人はみんなこの盆船は手作りされるようで、ホント凄いなーと思いますし、手作りだからこそ、あの世からふるさとにお盆で帰ってきた霊達も喜ぶんだろうなーと思いました。

自分は霊魂については少々疎いですが、やはり寝室でラップ音(心霊現象の1つ)が時々します時は、決まってお墓参りやお墓の掃除を怠けた時や、お盆なんですよねえ。因みに昨日の昼からは明らかに亡くなった祖母が帰ってきている痕跡が2度発生しました。ここからはちょっと怖いですが、1つめは、いいもりの里の近くに色んな製作をするための工房があるんですが、そこに猫ちゃんを3匹外で飼っているんですね。で、その猫ちゃん達には当然ながらエサを朝と夕の2回やっています。エサの量は一握り分の量を1回分とし、それを3匹で食べ終わる迄の所要時間は約2分。エサの袋は人間の手でしか開けれないガラスケースに常時保管してあります。

そして昨日の昼13時頃、工房に車で行ってみると…。いつもお出迎えしてくれる猫ちゃん達の姿が見当たりません。見渡すと、エサを保管してあるガラスケースの下に3匹の猫ちゃん達が忙しく何かを食べてるんです。ガラスケースはキチンと閉まってあるし、「またなんかネズミかなんか獲物を捕まえたんかな~?」と覗いて見ると、何といつも僕がガラスケースから出してやってるエサを食べているのです!僕は一瞬何が起こってるのか状況が把握出来ませんでしたが、すぐ冷静に考える事が出来「エサがあるガラスケースは閉まっている。しかしそのガラスケースの中のエサ袋の蓋を閉め忘れてる形跡がある。エサ袋からの減り具合からして、そんなに沢山エサの量を出してない。そして、いつも2分くらいで食べ終わる猫ちゃんたちが今まだ食べている…。ということは、このすぐ近くに誰かがいる!」と確信し周りを見渡しました。が誰1人として見つかりません。「じゃあ何故?」と考えた時にふと思ったのは去年亡くなった祖母の存在です。「そうか…。ばあちゃんお盆で帰ってきたんだな…。」と思い納得しました。納得したというのは、僕はいわゆるばあちゃん子みたいに、亡くなる前まで買い物や山にぜんまい採り、畑仕事を共にしてきました。特に毎月の1日と15日は神様とお墓のお参りとお掃除を共に行っていました。そのお参りの時、ばあちゃんがよく言ってた言葉が「私が死んだら、お参りと掃除をしてくれるんだろうか…。お守り下さい…。」毎回拝んでいました。だから、僕が掃除とお参りをさぼると決まって夜中にラップ音をさせたり奇怪な現象を「サイン」として知らせてくれるのです。なので度々ある現象からして今回のエサについてもばあちゃんの仕業だと納得がいき手を合わせ「ばあちゃんお帰りなさい…」と祈り、その工房を後にしいいもりの里の店番に戻りました。

そして2度目の怪奇現象として発生したのが、その日の19時頃、猫ちゃん達にエサを給仕するため工房に行ったところ、2匹の仔猫はお出迎えに寄って来ました。

しかし親猫の姿が見当たりません。エサを保管してあるガラスケースを開ける「ガタン」という音にいつも反応してダッシュで駆け寄ってくるので「ガタン!ガタン!」と何度もさせますが親猫の姿見当たりません。親猫の名前を呼びながら探していると、父自家製の動物用の罠檻の中で「ニャー!」という鳴き声。その親猫が何と檻の中に閉じ込められているのです!閉じ込められていた親猫は怯えている様子で「何か」あったのは間違い無いと確信しました。その檻の罠は人の手力でないと絶対扉が開かない構造になっていています。「誰がこんな事を…。ばあちゃん?何のサインなんこれは?」と理解に苦しみ「まさかばあちゃん、何かのイタズラ霊を一緒に連れてきたんかも…?」と感じ、工房に1日と15日に盛塩を交換しているんですが、今日早めに交換しました。そんな風でいいもりの里の工房では時々心霊現象が起こっています。まあばあちゃんに守って貰ってると思い良い方向で思うようにしてますが、今回の罠に猫を閉じ込めるは生前いくら気性が激しいばあちゃんでもやり過ぎでしょう!と1人愚痴っております^_^;

 

f:id:chiikidotcom:20190813111237j:plain

祖母の初盆で盆船を父が創作

2019.08.12 

 僕の家の裏山にクヌギ林があるんだけど、毎年クワガタが沢山採れるんです。秘密だけどねw

先週の日曜日に近くの山で採れたミヤマクワガタ!今年はミヤマが豊作でノコギリクワガタと同じぐらい良く採れるねえ(っ´ω`c) 

f:id:chiikidotcom:20190812151200j:plain

武雄のクヌギ山で採れたミヤマクワガタ

2019.08.11

いや~ホント日々暑くてたまんないですな~! しかーし!ここがカブトムシ生産者の稼ぎどころ!暑さなんて言ってなれないですわ!(さっき言ってたじゃん…と独りりツッコミをいれつつも…w)子供たちも寄ってたかって大喜びするしアレだね!ホントこれが元気の源だよね(っ´ω`c)!

まあそんなこんだでカブトムシ、クワガタを、いいもりの里にも商品として置いてるけど、武雄市山内町の黒髪の里にも展示出品していますのでこのブログを見られてるあなた、ぜひぜひ気軽に興味本位で見に来て下さいねええ!

f:id:chiikidotcom:20190812145743j:plain

こんな感じで出品。値段は平均400円くらいかな

f:id:chiikidotcom:20190812145554j:plain

佐賀県武雄市の黒髪の里に展示出品しているカブトムシたち

 

 2019.08.10

下の画像は、カブトムシがひっくり返っ時に、この木片にカギ足を引っ掛けて自力で起き上がれる止まり木に、餌になるゼリーを埋め込める穴をドリルで開けている作業様子です。穴を開けてからバーナーであぶって出来上がり!

1個150円でいいもりの里と武雄市黒髪の里で販売しております。

使ってみると意外ととても便利な飼育アイテムで、何年でも長持ちするし超オススメの品物ですよ~(ゝω・)

 

f:id:chiikidotcom:20190810163027j:plain

止まり木餌のせ台の自作作業様子

 

2019.08.05

5年前くらいに、「カブトムシの餌にバナナが出来ないかな~」と興味本位に1本購入した耐寒性のアイスクリームバナナ。初めて実が付きそうな蕾らしき物体が出現したした! どうなるかワクワクです(∩´∀`∩)!

f:id:chiikidotcom:20190809113313j:plain

栽培しはじめて約5年…。初めて念願花の蕾が!!


 

2019.7.27

毎年開催されてる伊万里市の夜市ですが、昨年よりその夜市で「今年もカブトムシの出店をしてみませんか?」というお声を頂きましたので仲間と共に出店を致しました。今年も子供達がとても喜んでくれて最高でした!で、今年特に感じたのが、カブトムシ女子チルドレンが意外に多い!どんだけ多いかザッと見た感じでいうと、男子3に対して女子が7くらいの割合なんですわW!

う~む…。昆虫女子の時代到来の日も近いかも…(゜∀゜ゞ)!

f:id:chiikidotcom:20190809104755j:plain

伊万里市で開催された夜市でのカブトムシ販売の様子


2019.05.08日記

f:id:chiikidotcom:20190508200259j:plain

何気に道に生えてるお花にてんとう虫が止まってる光景に心惹かれますねえ(*´ー`*)